オリジナルTシャツに好きな柄をプリントできる

プリント方法はいくつか存在する

プリントオリジナルTシャツといっても、やり方は色々あります。プリントTシャツを作成する場合は知っておいた方が無難でしょう。

プリントTシャツのプリント方法まとめ

Tシャツ

最も簡単なのはシルクスクリーン法

お店で販売されているプリントTシャツの大半がシルクスクリーン法を採用しています。プリントをする場合、版と呼ばれる型を使いますが、一般的に一つの柄に1版です。耐久性はもちろん、市販されているプリントTシャツと変わりない仕上がりが期待できるでしょう。

デジタルコピータイプのプリント

デジタルコピーの場合、無地Tシャツへ直にプリントするわけではないのでシルクスクリーンとの仕上がりに若干違いがあります。フルカラーもOKでしかもデザインの大小関係なく料金は変わりません。デザインはすでに縁どられているので、イメージをかけ離れた仕上がりにならない点は大きな利点です。

インクジェット式のプリント

パソコンで制作した絵をTシャツにプリントするやり方です。パソコンのデータがそのまま絵になるので、感動します。これまで一般的なプリント方法では印刷が難しかったグラデーション部分も、インクジェットで可能となり、アニメや漫画のイベントなどで広く活用されています。

カッティングタイプのプリント

すでに用意されている文字やデザインをカットして、転写させる方法です。オリジナルブルゾンを作る時にも活用されており、一枚一枚違うデザインに仕上げることができます。

プリントするならオリジナルTシャツがおすすめ

Tシャツ

プリント方法が違うだけでイメージは全く違う

同じプリントTシャツでも、プリント方法が違うだけで印象はだいぶ変わってきます。オリジナルブルゾンにしても、オリジナルTシャツを作るにしても、用途や予算をしっかり決めて注文する必要があります。また、各プリント方法を把握すれば、イメージしやすくなるでしょう。

衣服

オリジナルTシャツの用途

文化祭や体育祭など、クラスが団結する時に活用されるのがクラスTシャツです。一体感が生まれるデザインにするとイベントはさらに盛り上がるでしょう。クラスTシャツ作成なら、まとめて依頼すると割引が適用される業者がおすすめですよ。オーダーをする際には、デザインテンプレを活用したり、手書きで指示を入れたりなどすればとても楽です。あえて、デザインを入れないなら無地Tシャツがおすすめです。色のバリエーションも豊富で、無地なのにおしゃれ感があります。

複数の服

刺繍を入れてもっとオシャレに

会社のロゴや、マークを入れる時に役立つのが刺繍です。この刺繍にはワッペン、ネーム、直接刺繍を施す三つの方法があります。職人技が光るのは直接刺繍でしょうか。味のある仕上がりになるので、特別感倍増です。鳶服にも服や自分の雰囲気に合う書体でマーキングすることができます。

計画性を持つ事がポイント

ただ単にTシャツを作りたい、オリジナルブルゾンがほしいだけではいいものは作れません。業者へ頼む前に、デザインや形をしっかり固めて、理想通りに仕上げてもらいましょう。