鳶服の上手な選び方や購入方法について理解しよう

今まで知らなかった鳶服の特徴とは?これを知ってオーダーしちゃおう

鳶服の上手な選び方や購入方法について理解しよう

作業服

鳶服の選び方

建設現場で使われる鳶服は、作業しやすいかどうかが判断基準となります。また、鳶服の大半が汚れてしまうため、洗濯である程度落ちる質の良い素材を使った鳶服が好ましいでしょう。丈夫で且つ、何度洗濯しても型崩れをしないものは長く着ることができます。また、季節に応じて快適に作業できる鳶服を選ぶことも重要でしょう。

大工

オーダーできる

通販サイトで購入してもいいですが、オリジナルの鳶服を作りたい場合はそういったサービスを手掛ける業者に依頼をしましょう。会社や名前を入れることができますし、安全帯もオーダーすることが可能です。ズボンの場合、ダボダボタイプか今風のスリムタイプにするかで分かれますが、これらもオーダーメイドで好きなように仕上げられます。

メンズ

鳶服の相場

オーダーメイドの場合は、2万円以上するかもしれませんが、通販サイトで普通に購入するなら一式そろえても、3万円前後です。ズボンや上着の相場は、大体が五千円以内なので安く抑えたい場合は、2~3千円のものがいいでしょう。

男性

ネットで注文できる

職人さん向けの専用サイトでは、数多くの鳶服が販売されています。サイズや色も豊富なので、ネットで購入する方が大半を占めます。セールが頻繁に行われているので、お得にゲットできるでしょう。セットで購入すれば送料無料で届く通販サイトもあります。さらに鳶服一つひとつの評価がチェックできるので、よりいいものを購入したい方に最適です。

鳶服の特徴

メンズ

ズボンがダボダボしている理由

鳶服で目につくのは、ダボダボとしたズボンです。なぜそうなっているのか、疑問に思う方も少なくありません。ダボダボにすることで、足運びがラクに行なえ、さらには危険を回避する際にセンサーとなります。建設現場は、障害物が非常に多いので、そういう時に役立っています。

超ロングにも意味がある

鳶服のズボンは、すべて超ロングとなっていますが、ロング八分よりも見栄えがいいことで人気があります。作業もしやすいので、現場では欠かせない形となっています。

ポケットがいっぱいある

とび職は高いところで作業することが多いので、ポケットが沢山ついた専用の鳶服が欠かせません。また工具を入れたり、腰に専用バックを腰に付けたりなど、使いやすいようにデザインされている点も特徴的です。